ラベル ノベル執筆 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ノベル執筆 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2018年7月7日土曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

新作小説:ペロペロ神の救済

お~し。
新作の準備が出来たぞ。

タイトルをどうしようかずっと悩んでいたが、ふと名案が思い浮かんだ。

「ペロペロ神の救済」

これで行こう。

第一話 ペロペロの神様
『委員長とチュッチュしたい』

 SNSにこんな書き込みをしている不埒者がいる。高校二年生、新条 紫苑である。彼は都内の進学校に通っていて、表向きには優等生で通している。いや、実際に成績は良く友達もそれなりにいて、素行も良く、礼儀正しい。どこから見ても何の問題も無い、正真正銘の優等生である。
 部活は帰宅部だがそれは学業に専念するためで、別に運動が苦手というわけではなく、むしろ平均以上に運動は出来る。身長、体格は普通。顔立ちはどちらかと言うと童顔で可愛らしく、人畜無害そうに見えるくらいだ。

 ただ、若気の至りなのか、彼には人には秘密にしている趣味があった。

『委員長のリコーダー欲しい』
『俺の頭の中では委員長と俺はカップルだ』
『委員長は委員長らしく清純であるのが良い。きっと男と手を繋いだことも無い』
『でも一度惚れた相手にはとことんまで一途なんだ』
『その相手とは勿論俺だ』
『ペロペロペロペロ』

 クラスメイトの女の子に夢中な彼は、日夜問わず、SNSに欲望と妄想のつぶやきを垂れ流しているのである。

『良い時代になったものだ。スマホを持ち歩いていても誰も疑問に思わないんだからな』
『スマホに無音カメラをインストールすればシャッター音すらしない。俺はこれで毎日委員長を撮っている。コレクションは既に千枚を超えた』
『高校一年生の頃の写真と見比べると委員長は随分大人っぽくなってきている。子供の成長を見守る親になった気分だ』
『俺と委員長の娘もこれくらい可愛くなるに違いない』
『最近はレコーダーで委員長の声を録音することにした。これをPCで加工して会話と会話を切り取って繋げれば委員長にエロい言葉を吐かせることが出来る』
『目覚まし時計にもセットした。俺は毎日委員長に起こして貰っているのだ』

 別に下着を撮影するとか直球の犯罪行為を行っているわけではない。ただ、やることに手が込みすぎている。頭脳明晰である彼はITにも強く、スマホを使って収集した素材から自分の欲望を満たすあらゆるものをクリエイトしている。

 非常に優れた芸術家、クリエイターだが、気になるあの子が好き過ぎて才能を発揮する方向を間違えてしまった。いや、情熱こそが芸術の原動力であり、彼がこうなるのは彼女を好きになった時点で必然だったのである。

『神アプリを開発した。スリーサイズ算出アプリだ。これで女の子を撮影するとその子のスリーサイズを自動算出してくれるんだ』
『このアプリはスリーサイズを公開している女優やモデルの写真を内部に持っていてな、それと比較して比例計算することで被写体のスリーサイズを算出出来るんだ』
『もちろん早速委員長を計測した。委員長のスリーサイズを知っているのは本人と、親と、そしてこの俺だけだ。ついでにクラスメイト全員分の情報も収集したが、それは情報の確度と高める為であって決して浮気しているわけではない』
『薄々は気付いていたが、厳正なリサーチの結果、やはり委員長の胸のサイズは下から数えた方が早いことが判明した……』
『確かに委員長は胸が無い。でも体が凄く細いから体とのバランスで見ると丁度良く見える。クラスで一番の美乳なんだ!』
『胸のサイズはもう少し大きくても良かったかも。やはりこの世には思い通りにならないこともあるのか……』
『まだ成長しているから数年もすれば期待通りになるかも』
『例え貧乳でも俺は委員長が好きだぜ!』
『この神アプリはみんなにも贈呈しよう。公開しておくから好きに使ってくれ。男には好きな女の子のスリーサイズが知りたい本能があるんだッ!』

 こんなことをやっているうちにネットで大人気になり、フォロワーは百万人を超えるまでに至ってしまった。多分全員男だと勝手に思っている。ネットでは神と崇められ、気分が良い。ハンドルネームは『委員長大好きペロペロ神』である。何の羞恥心も感じていない。

『さて、今日はもう寝るか。委員長はクラスで一番早く登校するからな。いつも二番目に登校するこの俺を夫の帰宅を待つ新妻のように待っているんだ』

 紫苑は晴れやかな気持ちでPCをシャットダウンし、ベッドに潜り込んだ。

(……僕って世界一の幸せ者だよね。おやすみ、委員長♪)

第二話 露見
このふざけたツイートがヒロインにバレて面倒毎に付き合わされる、という展開で続く。

こんな感じ。

変わり者の天才主人公と真面目なボンクラヒロインの一対一のラブコメ。

中々の自信作だ。
全9万5000字で完結。

これでいつでもリリース出来るぞ。

後は公開するタイミングだが、どこかで恋愛小説大賞とかやらないかな?

年に一回くらい開催された気がするから、それが来たら公開したいと思う。
2010年4月4日日曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

再応募

ようやく新しいプリンターが届いたぜ。
最近のプリンターは無線LANが内蔵されているから、配線が綺麗になって良い。

さて、まずは小説の第1作目を印刷して、以前とは別の場所に応募する。

この第1作目の欠陥はすでに指摘されているのだが、
これはこれで完成体なので、もう直せない。
ダメで元々、そのまま応募する。

さっさと送付して第1作目は終了。
それよりも、早く第2作目を執筆しなければならないのだが、
どうにもストーリー構成が決まらなくて困る。

しかし、今は今月に行われる情報処理試験に集中しなければならん。
その後、色々と他の作品を読んで構成を練り直していきたい。
2009年5月28日木曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

日本転生計画

1枚目

小説の次回作の世界観が決まってきた。
タイトルは、とりあえず「日本転生計画」

2枚目

幸せの王子、新世紀エヴァンゲリオン、沈黙の艦隊、バトルロワイヤル、これらからヒントを得て形成した。

3枚目

発想のオリジナリティには自信があるのだが、設定が過激過ぎるから、もう少し道徳的にしなければならないかもしれないな。

4枚目

ちなみに、これだけ書くのに2時間だ。
このペースだと、完成は30倍の60時間。
ペースが落ちたり、修正したりするから、最終的には120時間くらいかかることになるわけだ。
どれだけ大変な労力を要するか、分かるだろう。
しかし、決して無理なことでもない。


しかし、まだ構想を練るのが不十分であるので、この続きを書くのはもう少し考えてからにしなければならないな。

我が野望は大変だぜ。
2009年5月15日金曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

幸福の王子

段々と次の小説の構想が浮かび上がってきた。
世界観のベースは「幸福の王子」だ。

http://www.hyuki.com/trans/prince.html

大まかなストーリー構想は、以下のような感じを考えている。

・主人公の状態は、物語開始の時点が最も、金銭的、身体的、環境的に恵まれた状態にある。
・物語が進むにつれて色々な物を失っていく。
・最終的にはほとんど何もない悲惨な状態になる。
・最後の最後で「救い」があって、ハッピーエンドで終わる。

ターニングポイントとして考えなければならないものもいくつか上がってきた。

▼開始状態
1.最初は極めて幸せな人間が、坂を転げ落ちるように悲惨な目に遭う。
2.元々不幸な人間が、さらにさらにどうしようもなく悲惨な末路を辿る。

▼動機
1.不可抗力によって災難に巻き込まれる。
2.主人公が自らの意思で、あえて茨の道を選択する。

▼結末
1.予期せぬ形で舞い降りた幸福である。
2.最初から戦い続けた結果として勝ち得る幸福である。

しかし、こうして書いているうちに、段々と定まってきたな。
「2-2-1」で行くか。

1.主人公が壊滅的に超不幸な人間である。
2.そこへ、同じく不幸なヒロインと出会う。
3.主人公の犠牲と引き換えに、ヒロインの問題が解決する。
4.主人公が野垂れ死に寸前まで追い込まれる。
5.ギリギリのところで、今度は逆に主人公がヒロインに助けて貰って、ハッピーエンド。

まあ、話の根幹はこんなところか。

これを念頭に置きながら、純粋で、穢れの無い、しかし背徳的で、残酷で、さらに幻想的で、オマケにノスタルジアな、そんなようなストーリーを考える。

かなり難しいけど、やってやるぜ。
2009年4月8日水曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

訂正

訂正

一昨日に貰った小説受領メールは日付が間違っていたようで、またメールが来た。

てっきり6月25日に一次審査結果発表で、7月25日に最終結果発表って意味だと思っていたが、
単なる書き間違いだったようだ。

やはり、一次審査結果は6月中旬の発表なのだろうな。

早く結果が欲しいぜ。
2009年4月6日月曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

受理

受理

僕が応募した小説が無事に受理されたらしい。

一次審査結果発表は6月25日だ。

ぜひ通過していて欲しいぜ。
2009年3月14日土曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

保管中

保管中今日はよく寝た。

小説は、やはり休日で保管となったようだな。
2009年3月13日金曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

輸送中

輸送中万が一にも郵送事故などというふざけたことにならぬよう、
追跡できるようにしていたのだ。
抜かりは無い。

僕の小説は、今は東京の郵便局で仕分け中のようだな。
到着は明日になるだろう。

しかし、明日は土曜日で休みだから、
本当に到着するのは月曜日になるかもしれないな。
2009年3月12日木曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

応募

ついに、我が小説を応募する日が来たぜ!!

先ほど、ポストに投函してきた。
プリンターの調子は一晩置いても直らなかったので、助言に従いヘッドを取り出し、
手作業で掃除した後、再び印刷したら綺麗に出来た。

さて、結果はどうなることか・・・。
出来ることなら新人賞を取りたいが、目標は佳作だ。

結果発表は7月25日なので、これをカウントダウンに追加する。
まあ、一次選考で落ちてしまったらカウントダウンの意味も無くなるわけだが・・・。

まあ、心配しても仕方がない。後は結果を待つのみだ。
寿命が30年くらい縮まってもいいから、賞を取りたいぜ。
2009年3月10日火曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

故障

あれれれれれれれれ。

いよいよ小説を応募しようと印刷していたのだが、
途中から印刷機の調子が悪くなってしまったぞ。

インクは十分にある。
クリーニングしても直らない。

どうしたことだ・・・。
インクがインクヘッダーに染み渡っていないのだろうか?

とりあえず、一晩寝かせて、明日もう一度チャレンジする。
2009年2月8日日曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

完成

うむ。
我が小説はこれにて完成だ。

一字一句、何の妥協点も無い。

構想1年。
執筆2ヶ月。
推敲2ヶ月。

執筆と推敲で200時間くらい費やしたかな。
よくここまで作り込んだもんだぜ。

「完成度」という点については完璧に近いと思う。
執筆当初は勢いで書き切った部分もあるにはあったが、
2ヶ月間の推敲で、冷静に計算し尽くし、構成と世界観、設定を作り込んだ。
また、作り込むと言っても、必要以上に細かく説明し、
小難しくて読む気が失せるなんてことが無いように、
出来るだけ簡単に、必要な部分だけを分かりやすく記述する工夫も忘れていない。
複線の回収し忘れも無し。
構成と世界観、文体については、何の問題も無いと思う。

一方で、ストーリーとキャラクター。これが未知数だ。
ちゃんと市場分析を行った上でキャラを構築しているが、
それでも僕の趣味による部分が非常に大きい。

これがウケるかどうか・・・。
また、斬新とも言え無い気がする。
従来からある一定パターンのアレンジの領域を出ていない。
この辺りが生死の分かれ目だな。

なんせ、300人に1人だけ受賞の、超狭き門だからな。
受賞どころか、9割は1次選考で落ちるくらいだ。
ここまで作り込んでも、やはり厳し過ぎる勝負だと言える。

まあ、僕個人としては、悔いは無い。
全力を尽くした。
誰に見せても恥ずかしくない。

後は応募用にあらすじ等を書けば、いざ発送だな。

一応、ふと名案が閃く場合に備えて、発送は3月になってから行うが、
早く発送したくてたまらないぜ。

まあ、後は神に祈るのみだぜ。
クククククククク……。
2009年2月3日火曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

方丈記

小説というのは、導入部分の出来が作品全体の評価の8割を決めると言われている。
全体的にはすでに完成しているが、導入部分もOKなのだが、
最初の最初の数行だけが、最後の最後まで悩みの種になっている。

一発で、どういう話なのかが直感できるような、
ストーリー全体を象徴するような、なおかつ印象深い
そういう必殺の一文を出さなければならない。

だが、電車の中で思いついたぞ。
方丈記を引用するのだ。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし。」

これだ!!
この一文を、僕の小説に合わせて改編する。

どのように改編するかは、僕の腕前次第だな。

もう少しだ。頑張るぜ。
2009年1月6日火曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

完成

小説が完成した。
全117枚、234ページ。
僕の中ではこれで完成だ。

これからは順次、適格者に添削を依頼し、その完成度を高めていく。
締切は3月末までだから、
こうやって作り込んでいけば、それなりの物が出来あがるはず。

みんなの力を貸してくれ!
2008年12月29日月曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

完成

とりあえず、小説は最初から最後まで完成した。
応募規定は100?120枚のところで、119枚。
ちょっとギリギリ過ぎるので、調整して110枚にしようと思う。

文庫本換算で1枚2ページだから、240ページ分に相当する量だ。
長いので読み返すことも大変だが、
ザッと思い返してみると、

・起
・承
・転
・結
・オチ

これらの五段構えがちゃんと成り立っているはず。

読み易さ、理解し易さについては、ほぼ完璧だと思う。

・ストーリー
・キャラクター
この辺りは僕の趣味を全開にできた。
他者にウケるかどうかはともかくとして、僕自身にとっては超名作だぜ。

・複線を回収できているか
・矛盾点が存在していないか
この辺りは、慎重に読み返さないとマズい。
書いている最中に無くなった設定が、ゴミのように混ざっていたりしたらダメだからな。

・表現力
ここが最大の問題だろう。
表現力が無いとは思っていないが、ベストでも無いと思う。
ここは時間をかけて他の本を読み比べ、じっくり書き込んでいこうと思う。

1月、2月で文章の調整。
3月中旬に応募。
7月25日に結果発表。

まだ先は長いが、やってやるぜ!!

さて、これから実家に持ち帰るお土産購入の旅に出る。
じゃ、(´・ω・`)ノシ
2008年12月22日月曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

進捗報告

85枚目まで進行。

僕は100枚を予定して書いてきたつもりだったが、
これはそれをオーバーするだろう。

規定は100?120枚だが、それでも足りないようなら、
文字を詰めたり、一部削除するなどして、調整する必要があるな。
2008年12月21日日曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

進捗報告

79枚目まで進行。

次は最終決戦だ。
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

低ション

今日は創作意欲が湧いてこないな。
昼間に修行してきたからだろうか?
眠いし・・・。

今日は早めに寝て、明日から頑張るか・・・。
2008年12月20日土曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

進捗報告

72枚目まで進んだ。
順調なペースだろう。

残りは、

・決戦目前
・最終決戦
・隠しボス戦
・エピローグ

だぜ。
それはそれとして、表向きのボスの登場タイミングが、少し遅い気がしてきたな。
その辺りの調整は、一度書き上げた後、全体を通しで読んでから行うとしよう。
2008年12月17日水曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

ペース

小説の執筆というのは、
30分で1枚書けてしまうこともあれば、
3行の文章に4時間かかることもある。

現在、62枚目。
2008年12月14日日曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/search/label/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%9F%B7%E7%AD%86

鬼畜

僕は一応、主人公は正義漢であるという設定にしようと思っていたのだが、
どうやらとんでもない鬼畜になりそうだ。

まあ、普通の特徴の無い主人公よりは良いだろうが、
こりゃ酷い。