• 2019年10月7日月曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/2019/10/blog-post_7.html

手取り14万

この手の話題って定期的に上がるよね。(´・ω・`)

12年勤務して手取14万円 「日本終わってますよね?」に共感の声
ガールズちゃんねるに9月末、「手取り15万円以下の人」というトピックが立った。現在アラフォーのトピ主は、都内のメーカーに12年勤務しており役職もあるという。ただ、手取りはわずか14万円で「何も贅沢出来ない生活。日本終わってますよね?」と辛い胸中を綴った。(文:石川祐介)

人生厳しいのう。(´・ω・`)

流石に僕は手取り14万なんてことは無いが、50歩100歩みたいなもの。
一体どうしたら良いか?

会社の問題やろ

まずネットの評判を見ると「どうして転職しなかったのか?」と個人の資質について疑問を呈する声が大きいようだが、いやいや。


会社に残る社員は良い社員だからね。


どっちかって言うと、それだけ付き合ってくれる社員を抱えていながら、長年に渡って碌に成長も出来ず、役職社員に手取り14万円しか払えぬような体たらくである会社の経営のショボさが問題であろう。


ゴミみたいな仕事に何十年も社員を付き合わせおって!!


ところが、どうもネットは「転職!」「転職!」と転職するだけのスキルが個人にあるかどうかという問題、個人の問題だと捉えたがる人が多いようだな。

物事を「個人」の単位でしか捉えることが出来なくて、「会社」とか「業界」とか、そういう単位に興味を持たない。

これが凡人共の習性よ。


物事には「ミクロ」と「マクロ」の両方の観点があって、常に両方を並行して考えるべきじゃんね?


こうやって言えば「確かにそういう見方もあるな」と理解するであろう。

しかし、初めて聞いた瞬間、真っ先に「個人のスキル」って考えしか頭に浮かばなかった人は、つまり、特に誰かから何も言われていない日常生活の大半は「個人」という視点でしか物事を考えていない。
「会社」とか「業界」とか、そういう事には興味が無いし、思いもよらない。
色々な視点、色々な可能性、そういうものを普段から考えていない。
頭の根っこがそういう風になっている。

故に、気付けるはずのことに気付けず、チャンスが来てもチャンスと分からず、時が来ても時と分からん。


これが凡人だ!!


しかし幸いなことに、この人は勤続12年のアラフォー。
僕はIT業界12年目の37歳。
僕と同世代だな。

同じ業界を12年もやってりゃ相応のスキルはある。
僕が今、そのが来ている真っ最中だから、この人も同じではないか?

僕は一足早く半年ほど前にスタートを切らせて貰ったが、この人も今立ち上がれば、転職するなり、起業するなり、もしくは自社を改革するなり、何かしらの成果を得られよう。

今が人生の勝負どころ。

ぜひとも今、このタイミングで立ち上がって貰いたいものじゃ。(´・ω・`)

0 件のコメント:

コメントを投稿

iOS系端末でコメント出来ない場合があります。
その場合はお手数ですが他の端末からコメント下さい。m(_ _)m