• 2019年4月21日日曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/2019/04/blog-post_21.html

情報処理試験5回目の挑戦

情報処理試験プロジェクトマネージャーを受験してきた。

かれこれ5回目である。
こんなに落ち続けるとは……屈辱……。

しかし、過去4回は論文添削を受けていなかった。
今回は論文添削を受けたので、気持ちの上では1回目ってことで仕切り直しでチャレンジである。

戦うSE

って、流石にキツいわ。キツいキツい。

試験って本当にキツいの。
禁欲して勉強しなきゃいけないし、勉強していない時でも頭の隅では常に意識してるし。

試験が控えている、という事実がそこにあるだけで十分に重みである。

かと言って放り出しては意味が無い。
って言うか、「受かりたい」と本気で思っているからになる。

人間、気が滅入るほど「本気で思う」なんて中々無いよ。

必勝の覚悟を持って生きなければならず、それでも受かるかどうか分からん
受かったところで人生に生きるかどうかも曖昧と来ていて、ハァ~。(´Д`)

流石に萎えるわ。

ただ、そういう不確実なものへの挑戦

「資格を取ってどういうメリットがあるの?」
「他に効率良いやり方があるんじゃないの?」

っていう尤もな意見も理解しつつも、
結果的には意味が無かったかもしれない、というリスクを取って突っ込む、この精神。

具体的で確実な事しか動こうとしない怠惰な大人ではなく、
不確実な可能性を求めて努力を重ねる僕を、人類はもっと評価するべきである。(´・ω・`)

とはいえ、もう本当にヘロヘロ。

特にやっぱり午後2論文の2時間!!
これをやると完全に脳が力尽きている実感があるのよ。

ここまで力を出し尽くすってのは滅多に無い。
クソみたいなデスマやっててもこんなには疲れない。
デスマは身体は使ってても脳は適度に手を抜いているから。
論文2時間は集中力100%全開だからただ残っているだけの残業社畜とはまるで違う。

ハァ~。(´Д`)

ともかく、今回の戦いはこれで終わりだ。

受かっているか落ちているか知らんが、落ちてたら来年また受ける。

受かるまで何度でも続ける。
これは人間力を鍛える修行である。

人類は僕を見習って生きるべきなんだ。

脳が錯乱していて、何でも良いからぶん殴ってぶっ壊したい。

ハァ~。(´Д`)

0 件のコメント:

コメントを投稿

iOS系端末でコメント出来ない場合があります。
その場合はお手数ですが他の端末からコメント下さい。m(_ _)m