最後の晩餐

遂に結婚前夜になってしもうた。

この世に生を受けて28年と2ヶ月ほど。

遂に結婚だお。(入籍は済んでいるけどな)

明日は新郎新婦は07:30と早い時間に開場入りして、
ドレスアップなどの準備を行う。

と言っても、準備で大変なのはハニーの方だな。
ハニーには純白のウェディングドレスが用意されておる。
しかし、ウェディングドレスは新郎である僕には秘密になっていて、
僕も見るのは明日が初めてだ。

一方、僕はシルバーのタキシードを着る。
前もって家で髭とかを剃っておいて、会場では着るだけと実に簡単である。
明日の朝は早起きして風呂に入ろうかと思っている。

その後、式の直前リハーサルをやって、
10:30から挙式だ。
式の会場は花とか沢山設置するよう注文してあるから、綺麗なものになるだろう。

それから披露宴へと進む。
食べ物は沢山出てくるし、酒は飲み放題。
ただ、僕が飲み過ぎて酔っぱらわないように気をつけねば。
ここで僕の手作りムービーを流す。

余興もやるぜ。

ニコニコ生中継とかやりたいところだが、流石にそれは出来ねえ。

ネットで調べると、結婚式で大事件が発生することもそこそこあるようだな。
新郎新婦の一方が来ないとか、アレルギー食物が入ってて救急車とか、
新婦がドレスの裾を踏んでスッ転んで顔面流血とか、新郎の昔の女が襲撃してくるとか……。
(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

明日は無事にここに帰って来れることを祈るぜ。

逃走


    三  ┏( ^o^)┛ニゲロ     
    三     ┛┓   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

妄念

ムービーふう、どうやらムービーが完成したようだ。

ムービーメーカーを使って頑張って作った。
大変だったな……。

結婚式当日にはこれを上映する。

業者に頼めばもっと品質の良いムービーも出来たのだろうけど、
やはりここは、このウズマスター特製ムービーを上映するべきであろう。

僕の並々ならぬ妄念が込められておる。

( ^ω^)フフフフフフフフ……。

(*^_^*)

やれやれ。
一日中、届いた荷物の整理やら、結婚式の段取りやら、
ムービーの作成やらに費やしてしまった。

ムービーってのはプロフィールムービーのことで、
僕とハニーの生い立ちを流すのよ。
音楽に合わせて、写真を次々と映していくというムービーだな。

で、その過程で色々な写真を見るわな。
もちろん、その中にはハニーの小さい頃の写真も含まれているわけよ。





……かわいい(*^_^*)

結婚指輪

今日は銀座に結婚指輪を取りに行ってきた。
これでようやく結婚指輪も完成だわい。

説明するまでも無いかも知れないが、

婚約指輪:新婦が装備するダイヤモンドの指輪
結婚指輪:夫婦で装備する宝石の無い指輪

というわけで、僕が装備するための指輪がついに完成したわけだ。

一生装備する指輪だから、かなり気合い入れて趣向を凝らしてある。

普通、結婚指輪っていうと、銀かプラチナで出来たシンプルな銀色の指輪だが、
僕達のは金とプラチナを織り交ぜてあって、
金色と銀色の2つで鮮やかな模様を創り出すというタイプなのだ。

指輪のサイズも体格に合わせてあって、
僕の指輪はの指輪より二回り巨大!!
ガッシリした作りになっている。

模様も良く出来ているし、実に気に入ったぜ。

指輪は回収したが、これを身に付けるのは結婚式当日からだな。
これから結婚式準備も佳境に入っていくが、頑張りたい。

既婚者

本日、遂に婚姻届けを提出してきたぜ。

9月23日。これが結婚日だ。
結婚記念日は結婚式の日付になりそうな感じ。

婚姻届けは役所に出すんだけど、本日は祝日なので役所は閉まっている。
しかし、夜間休日窓口というのがあって、
ここに提出しておくと、翌営業日に処理してくれる。
僕達は祝日の今日にしたけど、元旦とかで結婚したい人でも問題無いぜ。

さて、これで僕も独身男性では無くなってしまったのだな。
2chの独身男性板も、もう立ち入り出来ぬか……。
鈴音もすでに既婚女性になってしまった。

その後、僕の誕生日が近いので、誕生日プレゼントを買いに東急ハンズへ。
ショルダーバッグを買って貰った。

僕は今まで、どうもショルダーバッグが似合わないと思って買わなかったのだが、
鈴音が選んでくれたバッグはフィット感があってグッド。
気に入った。
ファッションセンスは鈴音の方が良いので、
服とか買うときは鈴音の意見を聞くことにしようかと思う。

これからは服装も徐々に嫁の趣味に合ったものになっていきそうだ。

僕も夫になってしまったものよのう。
(´・ω・`)

新居

ここがもうすぐ引っ越し予定の新居だ!!

家賃は共益費込みで123000円。
今までは72000円の所に住んでいたけど、2人暮らしのためにグレードアップである。
家賃補助が6万円ちょい出るから、実質6万円で借りることになるな。

実はこの物件、周辺の同レベル物件より2万円くらい安い。
不動産業者がオーナーと交渉して値下げしてくれたという、超狙い目物件なのだ。
こりゃラッキーだったぜ。

ここにダイニングテーブルを置いて、ソファーを置いて、ベッドを置いて……。
カーペットも敷いたりと、色々と大変だな!!

防犯についてもよく考えなければ。

木刀でも置いてみるかのう。(´・ω・`)

両家食事会

今日は結婚式に至るまでの重要イベント、
「両家食事会」を開催してきた。

僕達の結婚では「結納」は無い。
結納っていうと、相手の実家に言って、アワビやら鰹節やらを納めて、
その他色々と段取りも調整して行う儀式だけど、
流石にそこまで大変なことはやらなくてもいいだろうってことで、
本日は「食事会」の開催だ。

と言っても、それでもかなりのイベント。
その辺の居酒屋でやるわけにはいかないので、
二週間くらい前から品川のホテルに入っているレストランの個室を予約して、
そこに僕の両親を岐阜から呼び寄せる。
鈴音方も父母+兄夫婦。
夜景の綺麗な高層ビルの上で、全8人による食事会だ。

最初にお土産の受け渡しをして、後は普通に歓談だな。
実に円満に進んだ。

僕は鈴音からはネクタイとカフスをプレゼントして貰った。
とても良い品選びで気に入ったぜ。

さて、ともかくこれで、一つの山場をクリアした。

結婚式が近づくにつれて、もっと色々とやることは増えていくだろうけれども、
頑張っていかねばならんのう。

こんにゃく

ようやく婚約指輪が出来たぜ〜。

3ヶ月前に店でオーダーして、ようやく完成した。

僕が勘違いしていたのは、婚約指輪っていうのは、
宝石屋に行ってダイヤモンドの指輪をいくつか見せて貰って、
その中から選んで買うものだと思っていた。

が、実際はそうと決まっているわけでもなかったのだな。
「ブライダルリング専門店」というのがあり、
そこで様式を細かく指定して、オーダーメイドするのだ。

指輪のオーダーでは、概ね、以下3つを検討する。

・ダイヤモンドの選択
・指輪の土台のデザイン
・オプション

▼ダイヤモンドの選択
ダイヤモンドって聞くと、僕は「透明で綺麗でピカーッとしていて固い」ってところなんだが、
お店に行って説明を聞くと、ダイヤにも質というものがあることを知る。

4Cと言って、ダイヤモンドは4つの指標でその価値が決まるのだ。

Cut:カット
ダイヤモンドの形状。
ダイヤモンドの加工は職人がやるから、当然、職人の腕前で仕上がりが変わってくる。
仕上がりが良いほど、良いダイヤだ。

Color:カラー
ダイヤモンドの色。
ダイヤモンドは無色透明だと思っていたけど、実はそうじゃないんだな。
無色のダイヤが良いダイヤ。質の悪いダイヤは黄ばんでいたりする。

Clarity:クラリティー
ダイヤモンドの透明度。
質の悪いダイヤは曇っているんだ。
家庭用冷蔵庫で作った氷が白く曇っているのに対し、買ってきた氷が透明であるのと似た印象。
透明であるほど良いダイヤ。

Carat:カラット
ダイヤモンドの重さ=大きさ。
大きいほど高くなる。

僕達の結婚指輪には、まず指輪として利用するに最適なカラットを指定して、
その上で「カット」「カラー」「クラリティー」の3つが最高クラスのヤツを選んだ。
妥協点ゼロ。
文句無しに究極の品質を誇るダイヤモンドである。

▼指輪の土台のデザイン
僕って一個も指輪を持っていないし、親父もお母さんも指輪をしていないから知識が無かったのだけど、
婚約指輪って、ただの輪っかにダイヤが乗っかっているものではないのだな。
輪っかはプラチナで出来ており、デザインというものもある。
色々とあるデザインの中から、気に入ったヤツを選んで作ってもらうわけだ。
さて、選んだデザインは説明が難しい。ただの輪っかではなくて、複雑な装飾が入っている。
イギリスのヴィクトリア女王にちなんだモデルらしく、いかにも上流階級な雰囲気を持った気品あるデザインである。

▼オプション
そして、オーダーメイドなので、指輪の土台に刻印を入れられるのだ。
刻印の例をカタログで見せて貰ったのだが、
中には「好き好きぃ〜チュッチュ!!」とか、そんな文言を指輪に入れる輩もいるようだな。
いくらこの僕でも、婚約指輪でウケ狙いには走れんわ。
普通に、英語で名前を簡単なメッセージを入れた。

というわけで、本当に色々と細かく指定してオーダーした指輪がついに完成!!
鈴音と受け取りに行ってきた。

さて、出来映えはというと、やっぱダイヤモンドだな!!
ダイヤモンドってのは、光を取り込んで反射するように加工されており、
最高品質のダイヤを選んだだけあって「輝き」が違う。
虹のように光輝いてくるのだ。

さっそくブログアップロードに写真を撮ろうとしたのだが、ここで衝撃の事実。
カメラに映らねえ!!
というのも、上述の通り、常にキラキラと輝いているので、
カメラを向けてもプリズムの光がダイヤを隠してしまうのだ。
こんなことってあるんだな!!
衝撃だったぜ。

多分、ダイヤを撮影するには、特別に調整した環境が必要なのだろう。
普通にカメラを向けても撮影できなかったので、ダイヤのうpは無しだ。

さて、こういうわけで、この婚約指輪は今、鈴音の左手薬指にはまっているのだ。
出来映えは究極。
一生に一度の買い物だからな。良い物が出来て良かったぜ。

懸念

早いとこ実家に帰らねば。