ウズマスターの日々

日本一平凡なシステムエンジニア、ウズマスターRYUの日記です。
今年の目標はブログ毎日更新。
スケジュール
大晦日,20171231
TWITTER
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
プロフィール
ウズマナイト120
横浜に配属されたシステムエンジニアです。 1982年生まれ。 無差別サイトUZUMAXの管理人でもあり、この画像はマスコットキャラのウズマナイトです。 地味で平凡な日記ですが、末長くお付き合いください。
詳細はこちらです。
★執筆作品
SOCIAL
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ別
月別
LINKS
携帯バーコード
qrcode
OTHERS
直射日光
う〜ん。
まだ直射日光を浴びると頭痛がするとか、因果関係が分からない謎の体調不良が存在するな。

なかなか完治までには至らんわい。(´・ω・`)
| 日常 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
回復傾向
仮面うつ病の治療のために稼働を減らして一ヶ月。
もう随分と回復してきた。

一時は左手が麻痺していてフライパンも持てないほどだったが、
今はもうかなり違和感無くなってきた。

まだダンベルとか重い物を持つと厳しい所があるが、日常生活には問題無い。

早く完治して欲しいものだ。(´・ω・`)
| 日常 | 18:04 | comments(1) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
体温
ん〜。
ここしばらく稼働を控え目にして回復に勤めているけど、まだ完調ではない。

自覚症状としては良くなったと思ってたんだけど、
整骨院に行ったら、まだ左半身だけ冷たいと指摘された。

確かに言われて確認すると左手だけ冷たい。

右手は温かくて左手が冷たい。
神経を病むとこういうことが起きるんだな。

まだ無理出来る身体ではなさそうだ。(´・ω・`)
| 日常 | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
恨み辛み
な〜んか、「ウズマスが仮面うつ病なんて話を持ち出したせいで大変なことになった」みたいなニュアンスの話をポツポツ聞くなぁ……。

???

大変なことだと思うんだが???



あれからの経緯を報告すると、僕の「仮面うつ病」という病名は最強のジョーカーだった。
この病名一発で僕の待遇は大幅改善され、残業は厳禁になっている。いつも定時帰り。
体の調子も良くなりつつあり、まだちょっと変な部分もあるが9割回復している。

組織として十分な対応をして頂いたと感謝するべきだろう。

しかし、個人単位ではポツポツ恨み言や顰蹙みたいなニュアンスの言葉が出てくる時がある。
うつ病を盾にされると手も足も出ないから公には文句を言えないけど、内心では不満なんだろうな。

でも、こういう状況を鑑みると、やっぱ派手にぶちまけちゃって正解だったと思うな。

だって一部の人の本音は「鬱病なんて伏せておいて働いて欲しかった」ってことなんだから。
内々にご相談なんて穏便な手法を選んでいたら、果たしてちゃんと対応されていたのか、甚だ疑問である。

「何で事前に相談してくれないの?」みたいなこと言われても、
それは事前に相談したら僕にとってマイナスの方向に進むと思ったからだよね。
(正直には言ってないけど)

「俺はうつ病だ! 休む!!」って派手に宣言して公の場に出したからこそ、
裏工作で誤魔化そうとする勢力を排除して待遇改善に繋げられたと思うんだよな。

これからも嫌みみたいなことは言われるかもしれんが、
これくらい上等って姿勢じゃないとデスマは乗り切れないよね。(´・ω・`)
| 日常 | 19:12 | comments(4) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
仮面うつ病
仮面うつ病になっちまった!!

http://seseragi-mentalclinic.com/maskeddep/

え、ナニコレ!?(;´・ω・`)


経緯を言うと、長く続く激務の果てに、原因不明の痛みが左肩に走るようになったんだ。
周囲の人に相談したところ「心因の可能性もあるから心療内科に行った方が良い」と進められて
とりあえず行ってみたら「仮面うつ病」との診断結果。

仮面うつ病……。(;´・ω・`)

精神科の先生に教えて貰ったところ、


メンタル面で異常が発生しない代わりに身体に異常が出るタイプの鬱病とのこと。


それ、単なる体調不良と何が違うん?(;´・ω・`)

自分でも自分が鬱病という自覚症状はこれっぽっちも無い。
とは言え先生が鬱病って言うなら鬱病なんだろう。

自分じゃ別に大したことではないとは思っているんだけど、
客観的に考えて無理し過ぎて本当にバタンッと倒れてしまう前に、軽度なうちに対処するべきだよね。

ここは自分の体力を過信せずに医者の言葉に従って仕事を減らすのが賢明な判断であろう。

と言うわけで、来週は僕の作業量を減らす方向で調整を行う。

このように、仕事は手を抜かず根性出してフルパワーで頑張るのが当然としつつも、
並行して自分の体調を客観的に考え、
本当に無理な場合はダメージが軽微なうちに回復策を取っていく。

ボチボチのセルフマネージメントやろ。

まあ、本来は症状が出る前に何とか出来るのが良いんだけど、
自覚症状が無い限りはどうしても頑張っちゃうよね。

世間のみんなもあんまり無理せんようにな。(´・ω・`)
| 日常 | 22:10 | comments(8) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
進捗遅延連鎖
プロジェクトで緊急会議が行われて、このままだと納期が間に合わないので品質を落とすことになった。

・テストボリュームを1/3に圧縮
・エビデンスも取らない

これで確実に作業総量は減るが、それでもこれで対策が足りているか、予断は許さない。

それにしてもこのプロジェクト、何でこんなことになっちゃったんだろう?
だって、コストが当初の予定の2.5倍になってるんだよ?

「このプロジェクトは5億円で完遂可能です!!」

って言って受注したのに、実際にやってみたら

「実は11億円必要でした♪ もっと増えるかも♪」

なのよ。差分2.5倍ってのはそうそうねえよ。

こう書くと読んでる人は

「プロジェクト仕切ってるヤツが相当馬鹿なんだろうなぁ」

って思うだろうし、実際間違い続けているわけなんだけど、でも個人を見るとそんな馬鹿揃いってわけじゃない。

ちゃんと経験と実績のある人をPMとPMOに据えているんだ。
僕だって1000万のプロジェクトを700万で完遂させるくらいのパワーのあるSEよ。
そういうメンバーが雁首揃えて「これなら行ける!!」って承認されたプロジェクトなのに、この有様よ。

しかも計画の変更の見苦しさが尋常じゃない。


「残念ながら当初の計画は破綻したことが明確となった。
 計画を大幅に見直しし、仕切り直しを行う。各員は新計画に基づき一から奮闘すること!!」


みたいな感じに、計画変更は一回で決着ってのが妥当だと思うのよ。
誰だって間違いはあるから、一回目の計画変更は仕方無いよ。
実際間違えちゃったんだからね。

しかしこのプロジェクトはと言うと、


「計画を再考したがやっぱりダメで、もう一回再考したがやっぱりダメで、また再考したけどダメ。こうなったらもう一回再考……」


これだからね!! 意味分かんない。

繰り返し言うけど、右も左も分からんような新人がやってるんじゃないんだよ。
それなりの人材が集まって、みんなで考えて「これなら行ける!!」って承認された計画なのにも関わらず、
一週間で破綻して一ヶ月でやり直しになる。

何でこうなるのか、僕自身でも全然分かんない。
プロジェクトの実態が見えていないのは明らかだけど、どの辺が見えてないのかが分からない。

僕って別に上の方でふんぞり返ってるお偉いさんタイプじゃないよ?
毎日朝会に出て、要員一人一人の顔色見て「こいつはモチベーション大丈夫かな?」ってメンタル状況まで気を配って、ソースも自ら覗き込んで中身を確認している。

でもダメ。
2日で出来ると思っていた作業に3日を費やしている。

これで進捗は1.5倍に延長だよ。何故だ!!
原因を聞いてみると、別に特に大した問題は出てこない。

「別に何か問題があるわけではなく、元々これくらいの時間が必要な作業ですよ」

となる。
だから元々2日で終わると思ってた計画そのものが間違っていたってことになる。

でもね、計画が間違っていたと表面化するのが、常に作業着手後なんだよ。
事前に「この作業、2日で終わりませんよ!!」みたいな話が出れば最初からそういう計画にしてるんだ。

こんな感じに、「計画立てました。⇒やっぱりダメでした」を何度でも繰り返す。


全然見えてないんだよね。

じゃあ、「2日⇒3日」の差分である1日は何なのか?

僕が思うに、多分、1日は「計画外作業」をやってるんだよ。
3日間を作業に専念していない。

・臨時打ち合わせに参加していた。
・設計が間違っていると思って考え直していた。
・体調不良で半日休んだ。
・他の人からのHELPに対応していた。
・タバコ休憩してたら話が弾んだ
・他に気になることがあってチェックしていた。

こんな感じ。
実際にその機能を完成させるのに必要な工数は2日なんだ。
でもWBSに乗っていない「隠れ工数」がある。

隠れ工数の明細は一つ一つは小さいんだけど、それらが積もると結局丸1日くらいの遅延になる。
こういうカラクリなんだよ。

そして、隠れ工数で遅れているという事を、作業している末端メンバー自身でも把握し切れていない。
「色々やっているうちに知らないうちに遅くなっちゃった」と思っている。

上から下まで、誰も状況を把握出来なくなっている。
プロジェクト全体がブラックホールになっちゃってるんだ。


で、そういうブラックホール化する原因である隠れ作業は、過去に問題を先送りした結果なわけよ。
例えば、

・設計が不明瞭のまま後続工程に行っちゃった。
・最近入場した要員が多く、逆に言うと昔からの有識者が少ない。
・グダグダの仕切りに愛想尽かされて、要員のモチベーションが下がっている。

とかね。
過去の上流工程のいい加減さが下流工程に響いている。

だから対策を取るとすれば、作業工程を基本設計にまで立ち戻って、
全域を綺麗に見直しして、新しく体制を組み直す。
これだ。

でも今更基本設計まで立ち戻る決断なんか出来るわけねえし。
それをやるんだったら、元請けの社長とクライアントの理事長で合意しなきゃいけないとか、そういうレベル。
(これをステートメントコミッターと言う)

そうなってくると、今度はプロジェクトマネージメントではなく、政治力の話になってくるよね。

政治的な話をどうするかってのは、今までのプロジェクトマネージメントとは違ったスキルが必要になってくる。
だから今のところはそこまで話を大きくせず、テストを削ってゴリ押しする作戦になったわけだが、
今度はテスト工程でバグ連発して遅延する可能性があるわけで……。

これは厄介だぞ。
正直、もう手に負えん。
| 日常 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
大赤字
このプロジェクト、受注金額が6億円に対し、コストは11億円になる見通しだそうだ。
つまり5億円の赤字ということだな。

しかもまだ製造フェーズの中盤だから、テスト工程で何かあったらまた赤字が膨らむぞ。

このクソプロジェクトの計画立てたクソボケはどこのどいつだよ!!





全く、5億だか10億だか知らんが、全部勉強代やろ。(´・ω・`)

僕のSEとしてのキャリアはまだまだ30〜40年は続くわけで。
僕が今回の教訓を持った上で30〜40年も働くことは、その赤字の10倍100倍の価値がある。

このプロジェクトは僕の将来の活躍の礎となれるんだからむしろ感謝して欲しいわ。(´・ω・`)

安いもんやろ。(´・ω・`)
| 日常 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
自主休養
昨日は常駐先の現場の役員に飲みに誘われて付いていったんだが、
その結果、平日なのに帰りが終電になっちまった。

そして朝起きると、非常に体調が悪い。

現在、僕は2時間通勤しているから朝は5:30に起きている。
寝たのは多分深夜1時くらいだったと思うから、4時間30分しか寝てない計算になる。

そして二日酔い。
どんだけ飲んだか覚えとらん。

日頃の激務、睡眠不足、二日酔いのトリプルアタックだ。


さて、体調不良を押して現場に行くべきか、休むべきか……。


迷わず「遅刻」を選んだ。
1時間ほど二度寝したら随分回復したので、10:00に無事出勤しておる。

やっぱね、体調がイマイチだと思ったら何食わぬ顔してサボるくらいの度量は必要だよね。(´・ω・`)

世の中には真面目に頑張ろうとして本気の体調不良になり全休するヤツがおるから困る。(´・ω・`)
| 日常 | 12:14 | comments(2) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
計画性
物事を円滑に進める為には事前に計画が必要である。

これはその通りで、特に反論する人もいないだろう。

困ってしまうのは、これが仕事だけでなく休暇にも適用されるということだな。(´・ω・`)


僕のように月〜金まで100%仕事やっている人間だと、
「土日になったらアレをやろう」という事前の計画が無いまま土日に突入してしまう。

だから土日になると寝るしか無い。
土日を有意義に過ごす為の準備不足なんだよな。(´・ω・`)

かと言って平日は忙しくて土日のことを考える気分にはならないし。

これは困った。(´・ω・`)
| 日常 | 12:07 | comments(2) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
A級戦犯
このプロジェクト、実装フェーズ中盤で大幅な体制変更になりそうだ。
これに伴い一億円の赤字拡大となる。
契約金額が六億円のプロジェクトなのに、赤字はこれで三億を超える。
最終的にいくらの赤字になるんだ……。

それにしても、こんな悲惨な状況を生み出した元凶は誰なのかと言うと、
完全に僕なんだよねwww

プロジェクトが上手く行かない原因はスキルとかそういう細かい話ではなくて、
大前提になる見積もりとプロジェクト計画が大幅に間違っているからなのよ。
それを作ったのが僕なんだよなwww

プロジェクト発足当時、僕はプロジェクトのプランを作っていた。
10コくらいプランを作って、そのうち選ばれた1コが現在のプロジェクトだ。
この時に間違っている選択肢を選んじまったわけだな。

その1コを選んだプロパーさんは、ハッキリ言ってスキルとか全然無い。
下にいる僕が言っていることをひたすら鵜呑みにしているだけで……。

早い話が、趙高とかラスプーチンみたいなもんだわな!!
王様は別にいるんだけど、王様は大臣の傀儡になって動いているだけで、
その大臣が悪いことばっかするという。
まさにアレ。

だから「このプロジェクトの元凶はウズマスだから、ウズマスをぶっ殺せ!!」ってなるはずなんだけど、
そうならないのが面白いところ。

このプロジェクトの経緯、業務知識、これらを把握しているのは僕だけだから、
僕を切ってしまうと代わりがいない。
僕がプロジェクトの核心部分を握っちまっているから、切りたくても切れないわけよ。

そもそも、僕は協力会社だからな。

プロパーだったらクビにするとか、減給処分とか、そういう懲罰が待っているところなんだけど、
僕は協力会社要員だから切られたところで翌月から違う現場に入るだけだ。
責任の負いようがない。

従って、僕に負わせられないこの失敗の責任はプロパーさんが取ることになりそうで、
おそらく課長が降格になるwwww

地獄絵図もいいとこよ。


もしこれが自社プロジェクトだったらマジで転職考えなきゃいけない状況だけど、
他社プロジェクトに協力会社要員として入っているから、
安全が確保された上で安心して珍しいものを見させて頂いておる。


赤字三億円は僕の勉強代や!!


次のプロジェクトでは同じ失敗をせぬよう頑張ろう。(´・ω・`)
| 日常 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP