ウズマスターの日々

日本一平凡なシステムエンジニア、ウズマスターRYUの日記です。
今年の目標はブログ毎日更新。
スケジュール
大晦日,20161231
TWITTER
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
プロフィール
ウズマナイト120
横浜に配属されたシステムエンジニアです。 1982年生まれ。 無差別サイトUZUMAXの管理人でもあり、この画像はマスコットキャラのウズマナイトです。 地味で平凡な日記ですが、末長くお付き合いください。
詳細はこちらです。
★執筆作品
SOCIAL
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ別
月別
LINKS
携帯バーコード
qrcode
OTHERS
飲酒拘束
客先主催の懇親会に行ってきたけど、入れ替わり立ち替わりの挨拶回りで拘束され続けて、最後までビール以外何も口に出来なかったぞ。

まあ、客先飲み会だからそうやって挨拶回りしてコミュニケーションを深めるのが趣旨であって飲食はオマケに過ぎないわけではあるが、
一方で一緒に来た下っ端のメンバー共はそんな苦労とは無縁にモギュモギュモギュモギュ。

ファック。(´・ω・`)
| 日常 | 12:29 | comments(2) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
順調
ふ〜。(´・ω・`)

この業界はプロジェクト=炎上ってのがお約束なんだけど、
自社に案件を持って帰ってきてからの9月以降は極めて順調だな。

スケジュールはオンスケだし、稼働時数もセーフティゾーンだし、品質もまずまず。
勉強時間も取れてる。

問題は順調だとブログのネタにならんことくらいだわい。(´・ω・`)
| 日常 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
詳細設計フェーズ
請負案件で詳細設計フェーズが始まり、二週目……。
チーム作りに手応えを感じて、随分と稼働も安定してきた。(´・ω・`)

我がチームの布陣の特徴は明らか。
若手が激烈に多いところ。
総数8人のうち、半分以上が1〜3年目や言語経験少で占められている。

「このメンバーでどう詳細設計すんじゃい!!」ってのがこのプロジェクトの課題だな。

僕の考えた作戦としては、まず詳細設計と言っても、

 ・機能分割
 ・設計思想
 ・デザインパターン

こういう抜本的な部分は詳細設計が始まる前から僕が考えて完了させておいた。
ここが腐ってると全体が壊滅するからここだけは僕が責任持って8月に土日返上でやった。ゲポァ。
メンバーに担当して貰うのは画面個別の詳細設計だ。

しかし画面個別の設計と言っても、

「オブジェクト指向って何?」
「ORマッピングって何?」
「リレーションって何?」
「oneToManyって何?」

みたいな感じだから詳細設計の基礎が成り立たねえ。。。
これはもう少しずつ勉強会しかないな。

まず僕にて

「こうやって書け! これで正しい!!」

と見本を置いた上で教えて、本人が分っているかどうかは別として設計作業は進行させる。
ただ本人は意味を理解しないまま見よう見まねで書いているから、全体的な雰囲気は合ってるけど、ちょっと中を見ると設計の辻褄が合ってないことが30秒で分かる。

そういう箇所を僕にてピックアップして、

「こういう風に間違っているドキュメントが散見されるのだが、これは……」

と毎日朝会でレクチャー。

これを繰り返すと、最初の一週間は間違いばっかりで超激務だったが、二週目に入った今週からは落ち着いてきた。

所謂「バグ収束曲線」に乗るようなイメージで混乱が収束してきた感触だ。

これなら何とかなりそうだな。
この「最初から完璧を目指さず、30点からのブラッシュアップ」戦術で今後も進行しようと思う。
| 日常 | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
土日自宅作業
最近は仕事が忙しくて、この土日は両方とも自宅での管理作業に長時間を費やしてしまった。(´・ω・`)

9月から新しく詳細設計フェーズが始まるんだけど、その準備がまだ充分ではないのよ。
準備段階で1の手落ちがあると、後続フェーズで10のマイナスになって戻ってくる。

今日サボったら明日2倍やれば良いだけで済む作業者との違いがココにあって、
リーダーは今、頑張るときに無理してでも頑張らなきゃいけないのが辛い。(´・ω・`)

しかしこの土日に頑張ったから、向こう2ヶ月はかなり安定するだろうな。
軌道に乗ったらちょっと休もう。(´・ω・`)
| 日常 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
多忙
今月急がし過ぎ。
全く時間に余裕が無い。(;´・ω・`)
| 日常 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
7月終了
遂に7月も終了。明日から8月か。(´・ω・`)

プロジェクトは余談を許さぬ状況……っていうか、やっぱり別チームの部分は低品質と言うか根っこの思想からして間違っていて休日出勤もしているような状況だが……。

とにかく、何とかギリギリで踏ん張っている感じだ。

及第点には到底及んでいるとは言えないが、客先にそんなことを判断する能力は無いし、何とか基本設計書の納品だけはゴリ押しで済ませられそう。

8月も頑張らねばならんな。
| 日常 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
粛正
ついに問題の工数盗賊に粛正の波が襲いかかろうとしている。

まず、このプロジェクトの要員は約30人だ。それが以下4チームに別れている。

・管理
・インフラ
・アプリ1 ⇒ ウズマスチーム
・アプリ2 ⇒ 工数盗賊

1〜2人ならいざしらず、全域の25%が機能しなかった打撃は大きい……。
マネージャーよりも更に上層の会社経営層より、この工数盗賊を粛正するよう命令が下ったようだ。

しかし、一応はSES契約で来て貰っているから契約上はこちら側に主体者としての責任がある。
そこを断罪する為に「工数盗賊の低生産性について客観的に記述した質問書を送る」という戦術を取る。


・アプリ2チームの生産性はアプリ1チームの生産性の半分以下である。
 アプリ1チームと比較し、生産性が大幅に低い理由は何か?
・アプリ2チームの単価はアプリ1チームの1.25倍である。
 アプリ1チームより高度な要員を擁しながら、アプリ1チームより生産性が低い理由は何か?
・客先からヒアリングした要件が設計書に記載されていない。
 設計欠落が多発する原因は何か?
・設計に合理性が無い。合理的な設計が出来ない原因は何か?
・上記のような状況に対し、チームリーダーより報告、相談が無い。
 チームリーダーが報告、相談を行わない理由は何か?
・上記の結果、アプリ2チームの成果は我々が期待した成果の半分にも満たず、予算は大幅に超過している。
 この現状に対し、アプリ2チームの要員を提案した所属会社はどのような認識を持っているのか?
・所属会社は上記問題を改善することが可能か?
 可能である場合、いつまでに、どのような手段を以て改善するのか?
  なお、所属会社は過去に一度「可能」と主張し、結果的に実現しなかった。
  再び実現しなかった場合はどのような責任を負う認識なのか?
 不可能である場合、不可能である理由は何か?


こんな感じの「質問」を送るわけだな。
そして戻ってきた時の言質をベースに粛正が始まる。

こりゃ厳しいな。(;´・ω・`)
| 日常 | 06:39 | comments(1) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
スナップショット
ITリテラシの低い人間と要件定義していると、偶に凄く驚かされる話を聞くことがある。

今日、客先打ち合わせで聞いた話はこれだ。


「自分がシステムを操作中に裏で別の人間に操作されると知らない所でデータが変わってしまう」


なるほど、排他制御の話だな。
Webシステムではよく話題になる話だ。

Webシステムでは基本的に以下の挙動をする。

‖仂櫂如璽燭魏萍未防充┐垢襦
画面でデータを加工する。
データを保存する。

この操作を複数の人間が同じデータに対して同時に行った場合、大抵は「データ保存」は後勝ち。
つまり、先に保存した人の作業内容は後に保存した人の内容に上書き保存される。
従って先に保存した人の作業は無かったことにされてしまう。

この問題への対策が「排他制御」だ。
基本的に後に更新した人間が勝つということは変えられないから、同じデータを同時に触らないように何らかの制御を行うわけだ。
やり方は楽観ロック、排他ロックなどいくつかあるが、残念ながら既存システムにその機能は入っていない。
古いシステムだからな。
従って上記のような競合現象が起きる余地がある。


しかし、打ち合わせ中不思議だった……。
確かに競合が起きる可能性はあるけど、そんなに頻繁に起きるはずが無い。
基本的にその情報に触るのはその担当者だけなんだから。
現行システムに排他制御が入っていないのは需要が無いからでしょ?
何で今日打ち合わせしたこの人だけこんなに排他制御のことを気にするのか……。

長く打ち合わせして、ようやく言っていることが分かった。

この人、画面を何日間も開きっぱなしにしているんだ!!

まず最初に画面を開くでしょ。
そして保存ボタンを押すまではその開いた情報が守られていると思っている。
だからまず画面を開き、ちょっと作業して、その後で保存もしなければ画面も閉じない。
退社する時もPCをシャットダウンしないで画面を開きっぱなしのまま維持しておき、一日、二日、三日……。
そしてようやく保存ボタンを押すと、その三日間の間に別の人間が行った作業記録を自分が上書きしてしまう。

「三日間画面を開きっぱなしにしている間に知らない所で誰かがデータを加工していて、自分がそれを潰してしまったからだと怒られた!!」

これを問題視していたんだ!!
これなら確かに競合は起きるわ。

画面に表示されている情報は表示した瞬間のスナップショットに過ぎなくて、裏では色々な処理が動いている。
いつ誰かが更新するか分からないもの。

これは僕にとっちゃ常識だけど、この人にとっちゃそうじゃなかったんだ。

「Excelはファイルを閉じなければずっと自分に見えている情報が最新なのに、オンラインシステムは画面を閉じていないのに勝手に情報が古くなっている!!」

なるほどね、こういう考え方をするんだ。

カルチャーショック。
勉強になったわ。(;´・ω・`)
| 日常 | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
低スキル高コスト人材大量投入デスマ
プロジェクトがいよいよヤバくなってきたぜ……。
原因はいくつかあるけど、その一つが「低スキル高コスト人材」、つまり、使えないおじさん集団だな。

まず、この人達はSESで入っている。

「業務知識と経験が豊富」

という触れ込みだったけど、実際は業務知識も無いし頭のキレも無い。
ただ年老いただけの人材だった。

しかも歳取ってるからコストが高い。
平均年齢30歳未満のウズマスチームの1.25倍のコストを費やしているのに、
生産性はウズマスチームの0.5にも届いていない。

しかも人数が多い。

全17人のSES人数のうち、7人がこの「低スキル高コスト人材」で締められている。
全く採算性が取れん。(;´・ω・`)

これ、プロジェクトが長期だったら先月で切られているけど、基本設計の納期が8月末だから何が何でもそこまではこのメンバーで乗り切らなきゃいけないって事情があるんだよね。

そして7人という人数は多い。
7人も入れ替えるのは尋常ではない大手術になるでしょ?

また、この7人の老人集団は元々は5人だったのよ。
5人で進捗が遅れ始めたから2人増員して7人にしたところ、増員した分だけ効率が下がった。

増員によって増員人数以上に効率が悪化した。

増員が裏目。

これをやらかしやがった。


増員が裏目に出るってことはコストを丸々ドブに捨てたって意味だから最悪の展開だよ。

どれだけの赤字が出るんだ、このプロジェクト……。(;´・ω・`)
| 日常 | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
社員旅行
社員旅行で熱海に行ってきたわ。(´・ω・`)

社員旅行って聞くと、昔は昭和的で前時代的で面倒で余り良い印象は持っていなかったけど、
最近はそうでもなくなってきたな。

まず第一に、単純に組織における立場が向上している。
そりゃ同じ会社内でも下っ端はコキ使われるだけの一方、中堅ポジションは負担が減るでしょ?

もちろん僕だって何もしないわけではなく、若手が大変そうだったら手伝ったりするけど、
若手が「若手だから」という義務でやらされているのに対し、僕は「善意」で行う権利を有している。
同じ労働作業でもこの違いは非常に大きい。
「やらされている」という感覚を持ってしまうと全てが苦痛になる。
これを解消出来るかどうかが社会を生きる上での一つのポイントだな。

次に、僕自身も肩書きだけではなく精神に余裕が生まれた気がするな。

例えば、社員旅行中の食事や飲み会の時、必ず社長の席の周辺が空白になるのよ。
社長の隣とか座るのは抵抗があるでしょ?
特に若手は厳しいだろう。
そういう時に僕が自発的に社長の正面に座ってヨイショして酌をするくらいの事が出来るようになった。
これも「やらされている」のではなく、あくまで「自分も楽しみつつ上の人のお相手もする」という両立が出来るようになった。
これが出来ると会社も随分と楽になる。

後は、これは残念なことだが、プライベートの趣味が減退してきた……。(´・ω・`)
昔は土日は徹夜でゲームに熱中するなど「社員旅行以上にやりたい趣味」があったけど、最近は特に無い……。

「どうせ暇しているなら社員旅行くらい顔出すか」

って気分だ。
ちなみに僕の趣味は「小説の執筆」だから、こういう時に珍しい経験をしておくことで執筆の幅が広がる。
今回の場合、「海上を船が運航する時の軌跡の青色」を見えたのが良かった。
海は通常は黒く見えるが、船が通った軌跡だけは蒼く見える。
良い勉強になった。

こういう「普段暇だから社員旅行も悪く無いですよね〜」という話を同僚にチラッと聞いたら、やっぱり同じ回答が帰ってきた。
要するに、社員旅行の正体ってのはこういうことなんだろう。

「日頃が仕事ばっかで休日をどう過ごして良いか分からぬ社畜へのせめてもの救済」

だから、現状では会社を引退したら人生がそのまま虚無ってことになっちまう。
この状況になってしまっているのは望ましく無いな。

対策を考えねばならんな。(´・ω・`)
| 日常 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP