• 2018年12月14日金曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/

システム完成

つ、遂に完成したぞ。

殺意炎上のシステムエンジニア、ウズマスターの独立を記念するシステム、「私の職務経歴書」だ!!




  • 2018年12月12日水曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/

時間活用

昔からよく思うんだけど、やること無くて暇な時間を有効活用する方法は何か無いんかしら。(´・ω・`)
  • 2018年12月11日火曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/

心臓麻痺

定時で岐路に着いたら……、地元の駅前で人が倒れとる!?
あひゃぁ!?(;´・ω・`)

  • 2018年12月9日日曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/

スキップ

何か知らんうちに土日が終わっちまったぞ???(´・ω・`)

朝起きて、ご飯食べて、アニメ見て、昼食食べて、昼寝して、夕食で酒飲んで、寝る。

このアルティメットコンボを行うと一日が消滅するな。(;´・ω・`)

まあ、これはこれで健康的で理想的な生活なんだけど、しかし、こんな生活を続けていると、偶にはアクティブな一日を送りたいと思う時もある。

何かオススメのゲームでも無いかな。(´・ω・`)
  • 2018年12月8日土曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/

ウズマスターのスキル

もうすぐ独立する構えで考えている僕だけど、「しかし、コイツ独立してどうやって仕事する気だ?」と思っている人は多いだろう。

まあ、営業チャンネルは基本的にはリアル現場作業を通して案件を貰って、単価交渉などをして収益を上げていくというのが基本スタイルだ。

そういった直球の現場ベースでの営業が9割を占める想定ではあるのだが、しかし、今の時代はネットがある。

ちょっと変化球を出して営業チャンネルを広げるのも策の一つだと考えており、そこでこういうものを作ってみた。

名付けて「私の職務経歴書」だ。

職務経歴書

まあ、まずはこれを見てくれ。


これが僕のスキル。
今までの仕事の経歴を記載した「職務経歴書」だ。

システムエンジニアってのは「SES」「マッチング営業」と言って、要はエンジニアのスキルを見て使えそうであれば現場に投入するという、偽装派遣の温床になっている業態があるんだけど、
その本来は禁止されている事前面談で使用する資料が、「職務経歴書」だ。

僕が作ったシステム「私の職務経歴書」は、その職務経歴書をネット上に晒すことの出来るサービスだ。

これをネット上のあっちこっちに張る。

これを思いついた起点としては、最近、Twitter上で職探ししているヤツを見つけたことだ。


「プログラマー。今すぐ転職したいです! このツイートを見た採用担当者は連絡下さい!!」


こんなようなツイート。


今の時代はTwitterで仕事探すんか!!


僕だったらリクルートエージェントとかを使うところ。いやぁ、ビックリした。

でも、Twitterの短文で「私はプログラマーです!!」程度しか書いてないのであれば職探しも効率悪かろう。

そこで、僕の作った「私の職務経歴書」にキャリアを書いて、それをTwitterに晒す。
そしてTwitterユーザに見て貰って、上手く運べば仕事にも繋がる、というそういう趣旨のサービスだ。

まあ、転職や仕事探しなど実体利益を直撃するような大事な話じゃなくとも、「ちょっと僕のスキルを見てよ」くらいの話題として使う程度でも良いんじゃないか?

僕の目的としては、一つは、自分の職務経歴はこれだということをネットに拡散するもの。

もう一つは、この「私の職務経歴書」は僕が完全に一人で作ったシステムであり、つまり僕は一人でゼロからこのくらいのシステムを構築して公開することが可能なくらいの力量のある技術者だということだ。

ネットでもリアルでもこの自作サービスを宣伝し、そういう形で「ああ、この人のスキルなら仕事を頼んでも大丈夫そうだな」と思って貰うことで営業範囲を拡大する。

こういう作戦なわけよ。

まあ、このシステムはまだ全然完成してなくて品質もヤバいから僕以外の人間には使わせられないんだけど、途中経過としてとりあえず見たってや。


どや。(´・ω・`)
  • 2018年12月7日金曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/

圧倒的成長

今日は会社の総会で発表が色々あったが、今後の方向性に不安を抱くばかりだった。

やっぱり迷走していると言わざるを得ない。

一番不振に感じたのは、これまでの振り返りとか、今後の対策とか、それらが全て「社員の意識」という曖昧なものに帰結するものばかりだったことだ。


  • 2018年12月6日木曜日
ウズマスターの日々
ウズマスターの日々 https://blog.uzumax.org/

気持ちの問題

会社の新プロジェクトの懇親会があったから参加してきたが、やっぱりプロジェクトの話は誰もしなかったな……。(;´・ω・`)

プロジェクトの進行とか、そういう話題を持ち出したらヤバいと分かっているから暗黙の了解で避けた。

僕の私見だと、このプロジェクトの問題点は上の人間が決めるべきことを決めないで下流工程に進んでしまうところにあるんだが、
上の人はプロジェクト参加者の一人一人の気持ちが難航の原因だと解釈しているようだ。

そのシステムがどういう仕様なのか、仕様を決めなくてもメンバーが自ずと汲み取って実装してくれると思っているようだ。

やっぱりシステム開発の勘所みたいなものが分かっていなくて、何だか日常的な話と混合している……。

例えば、


  • 偉い人が「飲み会を開くぞ!!」と言えば、一から十まで指示しなくても下の人間は偉い人の好みを推察してそれっぽい店を予約してくれる。
  • 会社のイスがぶっ壊れていたら、役員がイチイチ指示を出さなくても、自ずと総務の誰かが粗大ゴミに出しておいてくれる。


ってな感じで、会社ってのは実は上の人が決めなくても下の人間が自分で解釈して済ませておいてくれる部分が多い。

そして、システム開発もその同列で考えているようだ。


  • 飲み会は下の人間が勝手に上手いことセッティングしてくれる。
  • システム開発も同じように自分で考えてやれ!!


っていう感覚でいるっぽい。

「上の人が主導するべきこと」と「下の人間に任せるべきこと」の識別が出来てなくって、上の人が決めるべきことを決めず、下の人間に任せるべきことに口を出す、みたいな。

プロジェクト難航の原因はここにあるんだけど、これが分かってなくて……。

ここまでチンプンカンプンで聞く耳も無い人に説明するのはかなり難しい。

とにかく、適切に距離を置いて身を守るしか無いな。(;´・ω・`)