意味

ちびっこ相撲から女児排除 相撲協会また炎上 ネット「今年できた伝統か?」
8日に行われた大相撲の静岡巡業で、昨年までちびっこ相撲に毎年参加していた女児が、
今年は参加出来なかったと報じられた件で、相撲協会がまたも“炎上”状態に陥っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000041-dal-spo


だから、日本相撲協会は単に何も考えてないだけで伝統がどうこうなんて話には何の意味も無いんだって。


「参ったな。今まで子供なら女の子でもOKで開催してきちゃってるぞ」
「伝統伝統言っちゃったけど、伝統守ってないことがバレちゃう」
「今年から禁止にしとこ」


ってだけの話なんだから。

こういうのに「男尊女卑は時代に合わない」とかっ言ったって意味無いんだよ。
「だって伝統だもん」ってしか考えないから。

こういうのは、「何で?」って質問して頭を使わせなきゃいけないの。

「何で女人禁制という伝統が生まれたのですか?」

って聞けば話が進む。

いつ、誰が、何のためにその規則を作ったんだよ?

それをハッキリさせて、

「その規則はこれからも守り続ける必要がありますか?」
「その規則が存在することでどのようなメリットとデメリットがありますか?」

って聞けば答えは出る。

女子トイレに男が入らないのと同じで、妥当な理由があるんだったら別に女人禁制で良いんだよ。
理由を言えっつー話だ。

こういう意味や起源を理解せず規則を保守する連中は、必ず停滞と無用のトラブルの温床となる。

こういう無能な働き者を以下に銃殺するかが組織発展の鍵になるよね。(´・ω・`)
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック