問題提起

しかしこのプロジェクト、開発チームも問題が多かったが、客は客でカスだったな。
あらゆることをハッキリ言わないの。
ぼや〜んと曖昧で、何も決めようとしない。

画面に表示するメッセージ一つ決められないからな。

現在の仕様では、画面には「○○○○」というメッセージを表示しているとするだろ?

すると、客はこう言ってくるの。


( ゚Д゚)「○○○○というメッセージは如何なものか?」


「如何なものか?」って何やねん!!

メッセージを読むのはお前なんだから、お前の好みでメッセージを決めろよ。

( ゚Д゚)「○○○○というメッセージを××××に変えてくれ」

って言ってくれれば即対応するのに、こういう風には絶対言わないんだよな、この客は。


( ゚Д゚)「日付の値がおかしい」 ⇒ どの日付だよ?
( ゚Д゚)「システムの仕様が不正であるという声がある」 ⇒ 誰から聞いたの?
( ゚Д゚)「表示がおかしいデータが見受けられる」 ⇒ どのデータですか?
( ゚Д゚)「画面が保存されている」 ⇒ は?


って感じで、とにかく何が言いたいのか全然分からない。

ようするに、客側に自分の考えを整理して相手に伝える能力が欠如していて、
ぼんやりとした違和感を臭わせるくらいしか出来ないんだよな。

だから何をするにしても一つ一つ、こっちが段取りを整えて聞かなければならない。


(´・ω・`)「貴方はこういうことが言いたいのですか?」
( ゚Д゚)「そうだ」
(´・ω・`)「では、××××という仕様にすることで良いですか?」
( ゚Д゚)「それでお願いする」


〜〜〜一ヵ月後〜〜〜


( ゚Д゚)「画面に××××と表示されている」
(´・ω・`)「は?」


当たり前だろ! 何が言いたいんや!!


で、もう一回事情を聞いてみると、


( ゚Д゚)「××××と表示したい場合が多いが、稀に▲▲▲▲と表示しなければならない時もある」
(´・ω・`)「修正します」


〜〜〜一ヵ月後〜〜〜


( ゚Д゚)「××××や▲▲▲▲で良い時もあるが、□□□□と表示するべきという意見もある」
( ゚Д゚)「どのような表示するべきかは担当者毎によって違う」
( ゚Д゚)「いっそ新たに◆◆◆◆で統一するという考えもあるのではないか?」


みたいな感じでキリが無いwwww

自分がどういうシステムを必要としているかが本当に分からないんだな。


こういうのはもう、システム化すること自体が間違いだった。

エクセルを共通サーバに置いて好きに編集させるような運用で十分だったのに、
下手にシステム化したから硬直的になって、流動的な要件に対応出来なくなっちまったわけよ。

こういう事例もあるんだな、全く。

勉強になったぜ。(´・ω・`)
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック